ニュース

【加害者家族の苦悩】飯塚幸三被告の子供の相談内容記事が問題に?!

飯塚被告家族

2019年4月に起きた死者2名重軽傷者9名という大事故。

この「池袋暴走事故」を起こした飯塚幸三被告(89)の子供がNPO法人の『加害者家族ホットライン』に相談していたとのこと。

そしてNPO法人の代表の方がその内容を記事にし大変な話題となっています。

今回は飯塚幸三被告の家族がどのような苦悩をうちあけていたのか深堀りをしてみたいと思います。

加害者家族の苦悩か?飯塚幸三被告の子供の発言が話題

NPO法人WorldOpenHeartの代表阿部恭子さんは当初、この相談者が飯塚幸三被告の子供であることは知らなかったということです。

「何日も食事が喉を通らず全く眠れていない」と話される相談者にはかなり憔悴した様子があり、精神科への受診を勧めた様子。

「なぜこんなことになったのか、これからどうしたら良いのか……」

2019年4月下旬、筆者が代表を務めるNPO法人WorldOpenHeartの「加害者家族ホットライン」に、父親が運転していた車が事故を起こし、多数の被害者を出してしまったという家族から電話が入る。

被害者の方々の容態が心配で、車に同乗していた母親も生死にかかわる重傷だという。

何日も食事が喉を通らず全く眠れていない。

言葉は少なく、憔悴しきっている様子が伝わってきた。

精神的に相当追い詰められている相談者に対し、筆者は精神科に行くよう促し、無事を確認するため何度か電話を入れていた。

相談は匿名で、事件の詳細をあれこれ聞くことはしない。

相談者が、「池袋暴走事故」の加害者家族だと判明したのはだいぶ後のことだった。

引用元:現代ビジネス

スポンサーリンク

バッシングの嵐!「正直、逮捕してもらいたかったです・・・」

加害家族の苦悩画像引用元:Twitter

飯塚幸三被告は逮捕されず、また裁判もなかなか開かれないことから世間から

「旧通産省の官僚だから特別扱いをされている」

「上級国民」

といったバッシングが起こり、その矛先は家族にも向かったとのこと。

被告人の自宅には嫌がらせの電話や手紙が届くようになった。

バッシングは被告人だけにとどまらず、「家族も同罪」「家族も死刑」といった書き込みもあった。

引用元:現代ビジネス

世間から浴びせられるあまりにひどい罵詈雑言、悪意あるメディアの報道のあり方に家族は

「正直、逮捕してもらいたかったです……」

と話したとのこと。

スポンサーリンク


医師から車の運転を止められていたというのは嘘?!

当時、飯塚幸三被告は医師から車の運転をやめるように言われていたとの報道がありました。

ただし、家族の話によるとそのような事実は一切ないということです。

「医師から運転を止めるように言われていたにもかかわらず運転していた」など、悪質性を裏付ける報道が続いたが、そのような事実はなく、車を擦ったりぶつけたりといった家族が不安になるような問題も起きてはいなかった

引用元:現代ビジネス

これが本当だとしても、事故後映し出された飯塚幸三被告の杖をついた足元のおぼつかない様子は驚愕でした。

人に支えられないとまともに歩くことも出来ない状態で車の運転をするなんて・・・

医師に止められていなかったとしても、免許返納や車の運転をやめるなど家族で話し合う機会はなかったのかと普通に考えてしまいます。

スポンサーリンク


飯塚幸三被告の子供の相談内容がなぜ今記事に?!

加害者家族の苦悩も相当だと思います。

ただこの記事が出たタイミングが初公判のすぐ後ということで、ネット上では

「これも何かの作戦なのか」

との憶測が飛んでいます。

初公判で飯塚幸三被告が無罪を主張したことで、今回の加害者家族・飯塚被告の子供の発言がクローズアップされてしまっています。

加害者家族がどれほどのつらい立場に置かれているか、大変だとは思います。

ただし、この事故によって愛する奥さんと小さなお子さんの命を奪われた松永さんの想いを考えると。

遺族の思いに重きをおいて欲しいと個人的には思ってしまいます。

スポンサーリンク


ネットの反応

スポンサーリンク

まとめ

「【加害者家族の苦悩】飯塚幸三被告の子供の発言が話題!なぜ今記事に?!」という内容でお伝えをしました。

やっと始まった初公判。

「上級国民」と揶揄されている飯塚幸三被告の裁判は大変注目をされています。

そして飯塚被告のまさかの「車のせい」という無罪主張

飯塚被告の主張が通り無罪になるのか、懲役刑になるのか。

今後の裁判の行方から目が離せません。

最後までお読み頂きありがとうございました。

飯塚幸三被告
飯塚幸三被告の無罪主張に怒りの声や非難殺到!世間の反応まとめ2019年4月、東京池袋の死傷者11人を出した暴走事故の初公判が行われました。 過失運転致死傷罪に問われている飯塚幸三被告(89)...