災害・被害

台風10号(2020)伊勢湾台風並みとはどの位の被害なのか?!

台風10号

8月31日(月)に小笠原近海で発生した熱帯低気圧が発達しています。

気象庁は24時間以内に台風10号に発達すると発表。

欧米の予測データによると9月6日~7日頃に歴史的な規模の勢力で西日本、近畿地方を直撃する進路となっています。

今回の台風10号は「昭和の三大台風」と呼ばれる物のひとつ『伊勢湾台風クラスの規模』になるのではないかと言われています。

伊勢湾台風並の勢力とはいったいどの位の規模でどのような被害が出る可能性があるのか調べてみたいと思います。

2020年台風10号(ハイシェン)の進路といつ接近?

日本のはるか南海上では対流活動が活発な状態、また海面水温の高い状態が続いているため今後も台風の発生が相次ぐ恐れがあります。

台風10号のたまごは不安定な進路を取りながら発達し続け、日本の本島を目指し進む見通し。

現時点の見通しとしては正式に発達した場合、日本列島に接近するのは9月5日以降とのこと。

ただし先に発達した台風9号の影響により、10号は西寄りに進路をとるとヨーロッパの台風情報では計測されているようです。

そのまま西に進路を進めた場合、日本列島への影響は少ない可能性もあり得るとのこと。

ただし、まだ先の予報なため今後の気圧や気温・風の影響で大きく進路は変わる見通しなので十分に注意が必要です。

スポンサーリンク

伊勢湾台風並みの規模とは?!

今回の台風10号、伊勢湾台風並みの勢力と言われていますがいったいどの位の規模なのでしょうか?

伊勢湾台風(台風15号)が起きたのは今から61年前の1959年(昭和34年)9月26日です。

今の若い方にしてみたら「伊勢湾台風並みの勢力」と言われても、いまいちピンとこないかもしれません。

伊勢湾台風とは

伊勢湾台風画像引用元:https://www.asahi.com/
伊勢湾台風画像引用元:https://www.nikkei.com/

61年前和歌山県潮岬付近に上陸した大型台風でそのまま北東へ進み名古屋の西を通過。

紀伊半島や東海地方では最大風速が秒速30m以上の風が吹き荒れました。

特に名古屋市から四日市にかけての沿岸部には東京湾平均海面上約4m以上の高潮が襲い海岸堤防が各所で破られ死者数約5000人を出し日本の台風史上最悪の被害が出たと言われています。

当時は今のようにSNSがあったわけではないのでリアルタイムの被害状況についてすぐに把握することは出来ず、まさに経験したことのない大変な災害だったことは想像できます。

スポンサーリンク


台風10号に対するネットの反応

スポンサーリンク

まとめ

「台風10号(2020)伊勢湾台風並みとはどの位の被害なのか?!」という内容でお伝えをしました。

台風9号の上陸により、沖縄県では瞬間風速70mという想像を絶する暴風により停電等の被害が出ています。

台風10号は9月6日あたりに最接近もしくは四国近畿から大阪に直撃との予想が出ています。

住民の皆様には早めの備えや避難準備、ハザードマップの確認をしておいて下さい。

また、最新の情報を確認し台風対策を行って下さい。

ハイシェンの意味
2020年台風10号ハイシェンの意味は「海神」 史上最悪の被害予想!台風10号(ハイシェン)は日本の南の海上で勢力を徐々に強めながら西へ進んでいます。 今後、進路を北へ変更し9月6日から7日にかけて...