事件・事故

【あおり運転殴打】宮崎文夫の猶予付き判決に批判殺到!軽すぎるの声!

あおり運転宮崎被告

2019年8月茨城・愛知・静岡3県の高速道路であおり運転をしたとして、強要と傷害の罪に問われた大阪市の会社役員宮崎文夫被告(44)に判決が言い渡されました。

その判決は懲役2年6ヶ月、保護観察付き執行猶予4年(求刑・懲役3年8ヶ月)というものでした。

この報道が流れるとSNS上は騒然となり、猶予付きの判決に不満の声が多く上がっています。

今回はそんな高速道路煽り運転事件、宮崎被告の判決内容について世間の声をまとめてみたいと思います。

宮崎文夫被告「あおり運転殴打事件」とは

昨年8月に起きたこの事件はあまりに衝撃的で連日メディアでも取り上げられていました。

カメラに映し出された宮崎文夫被告の姿はあまりにも異様で被害者の方の恐怖は相当なものだったと想像出来ます。

宮崎被告は2019年8月10日、常磐道上り線であおり運転を繰り返し高速道路上で被害男性の車を止めさせた上で

「いますぐ出てこい、殺してやる」などと恫喝し、男性の顔を5回殴って1週間の怪我を負わせました。

また、同年7月23日にも愛知県岡崎市や浜松市の新東名高速道路でもあおり運転をしていたことが分かっています。

この宮崎文夫被告の事件をきっかけに悪質なあおり運転に対する関心が高まり、「あおり運転(妨害運転)罪」が新設される運びとなりました。

スポンサーリンク

宮崎文夫被告の猶予付き判決に批判殺到!

検察側の主張

検察側はこれまでに公判で

「被告の運転行為は一歩間違えば被害者が命を落としかねず、危険で悪質」

と主張。

弁護側の主張

弁護側は

「社会的影響や処罰感情が大きいことを重視し過ぎるのは妥当ではない」

と訴え、執行猶予付きの判決を求めた。

水戸地裁の判決

水戸地裁の裁判長は宮崎文夫被告に

「危険極まりなく、動機も身勝手」とし懲役2年6ヶ月・保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役3年8ヶ月)

の判決を言い渡しました。

この判決を受け、ネット上では「刑が軽すぎるのではないか」「甘すぎる」との批判が殺到しました。

スポンサーリンク


宮崎文夫の猶予付き判決に軽すぎるの声!

スポンサーリンク

まとめ

「【あおり運転殴打】宮崎文夫の猶予付き判決に批判殺到!軽すぎるの声!」という内容でお伝えをしました。

2020年6月から施行された「あおり運転(妨害運転)罪」

いまだに悪質なあおり運転はなくなっていません。

今回の宮崎被告に対する判決は妥当だったのか、それとも軽すぎたのか?

判断が難しいですが、あおり運転がなくなるきっかけになれば良いと思います。

個人的にはもう少し重い刑罰のほうが、罪を犯す人が減っていくのではないかと思っています。

が、いかがでしょうか・・・

最後までお読み頂きありがとうございました。

改正道交法
【妨害運転罪】いつから始まる?罰則強化であおり運転はなくなるの?以前から問題となっていた「あおり運転」 改正道路交通法が2020年6月2日ついに衆院本会議で可決され成立しました。 煽り運転...