ニュース

鹿児島「NEWおだまLee男爵」の場所はどこ?店名のセンスが最高と話題

おだまLee男爵

鹿児島市の繁華街、天文館にあるショーパブ「NEWおだまLee男爵」

新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生ということで、全国的に有名となりました。

「NEWおだまLee男爵」関係の感染者は2020年7月8日時点で100名と大規模なクラスターが発生しています。

コロナ感染者の数が多いのも驚きですが、ネット上では「NEWおだまLee男爵」というネーミングセンスが抜群、最高!と話題に。

まさかの店名が注目を集めています。

今回はそんな「NEWおだまLee男爵」について調べてみたいと思います。

「NEWおだまLee男爵」はどんなお店?

おだまLee男爵画像引用元:おだまLee男爵公式Facebook

「NEWおだまLee男爵」は鹿児島市の繁華街、天文館にあるニューハーフのショーが楽しめる人気のパブです。

日に3,4回ほど行っているショーは本格的で大変すばらしく、観光客も非常に多い有名なお店です。

オーナーママは地元の南日本新聞で『すいもあまいも』という人生相談の回答者を務めるなど、ちょっとした有名人です。

紙面上でかつて自分が男性だったことをカミングアウトしています。

県外からの客も多く、店では1日3~4回のショーがあり、10人ほどのダンサーがステージで笑いを交えてショーを踊ります。

引用元:日刊ゲンダイDIGITAL

スポンサーリンク

「NEWおだまLee男爵」の場所はどこ?

ショーパブ「NEWおだまLee男爵」は鹿児島市の繁華街、天文館地区にある第一島津ビルの4階で営業をされています。

スポンサーリンク


新型コロナウイルスのクラスター発生の経緯

おだまLee男爵画像引用元:おだまLeeフェイスブック

新型コロナウイルス感染防止のため、約1ヶ月間営業を自粛。

万全の感染対策を行い5月22日より通常営業を再開したばかりでした。

ホステスの40代女性とダンサーら従業員の男性7人の感染が確認された。

女性は先月27日に咳や咽頭痛の症状があり、翌日から3日間、自宅で静養。

今月1日にPCR検査を受け、感染が判明した。

女性が最後に出勤した先月27日には、県内外から30~40人が来店。

市が今月2日、店名を公表すると、その直後から同日夜まで約130件の相談が寄せられ、感染が次々と判明した。

引用元:日刊ゲンダイDIGITAL

営業再開報告画像引用元:おだまLee男爵公式フェイスブック

「NEWおだまLee男爵」さんはお客様にも協力を頂き、徹底的な感染対策を行っていましたが、クラスターが発生。

いわゆる「夜の街、接客を伴なう飲食店」は『三密』回避は難しいのでしょうか??

細心の注意を払って営業をしていただろう「NEWおだまLee男爵」さん。

こんなに大勢の感染者が出てしまうなんて残念としか言いようがありません。

「3密」を避けるため従業員たちは、<ショウタイム以外の時間ドアを開けて換気しております><除菌スプレーの噴霧><手洗いうがいの励行><各自の意識向上>と書かれたボードを手にして動画を配信。

客やスタッフが手を触れるところやマイクなどを小まめに消毒していたという。

引用元:日刊ゲンダイDIGITAL

ただ、ネット上では感染者が出てすぐに店名を公表した「NEWおだまLee男爵」に『潔い』『コロナが落ち着いたら絶対に行きたい』『応援します』などと称賛の声が上がっています。

こういったことからも地元の方から愛されている素敵なお店なんだろうなと想像できますね。

スポンサーリンク


クラスター発生!店名公表で賞賛の声!!

おだまLee男爵画像引用元:公式Facebook

これだけ大量の感染者が出てしまうと、非難されてしまうと思いましたが、ネット上では「NEWおだまLee男爵」を応援する声や称賛する声が多数上がっています。

その要因として新型コロナ感染者が出てすぐに店名を公表した潔さではないかと想像しています。

やはり、このような素早い対応はお店の信頼も上がるし、好感も持てると思いました。

この決断をしたお店の経営者の方は素晴らしいと思います。

スポンサーリンク


店名のネーミングセンスが最高!と話題

おだまLee男爵画像引用元:おだまLee男爵公式FB

今回、大規模な新型コロナウイルスのクラスターが発生してしまった「NEWおだまLee男爵」。

ネット上ではネーミングセンスが良い!頭から離れない。

Official髭男dismとかぶる、髭男を見たら思い出してしまうなどと話題となっています。

確かに一度聞いたら忘れられないかなりのパワーワードだと思います 笑。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「NEWおだまLee男爵」場所は鹿児島のどこ?店名のセンスが最高!という内容でお伝えをしました。

人気店ということで、お客さんも多いと思います。

それだけ濃厚接触者が多いということなので、今後も感染者が出ないか注目をしていかなければと思います。

個人的にはコロナが落ち着いたら是非来店して素晴らしいショーを拝見してみたいと思っています。

最後までお読み頂きありがとうございました。