政治

赤根智子裁判官の学歴や経歴!夫は誰で子供は娘が1人家族構成についても

赤根智子

戦争犯罪を裁く国際刑事裁判所(ICC)の所長に赤根智子裁判官が就任されました。

ICCはオランダ・ハーグに本部を置く国際裁判所ですが日本人が所長に就任するのは今回が初との事。

そんな重要なポストに就いた赤根智子さんとはどういった人物なのか。

今回は赤根智子裁判官の経歴や家族構成について詳しくお伝えをしていきたいと思います。

赤根智子裁判官の学歴や経歴!

赤根智子裁判官のWikiプロフィール

赤根智子
出典:時事通信
名前赤根 智子
(あかね ともこ)
生年月日1956年6月28日
年齢67歳
出身地愛知県
国籍日本
現職国際刑事裁判所裁判官
2018年3月11日~
国際刑事裁判所所長
2024年3月11日~

学歴

出身高校愛知県立旭丘高等学校
出身大学東京大学法学部
博士号修得米ジャクソンヴィル州立大学留学

赤根智子さんの出身中学校については情報を見つけることが出来ませんでしたが、地元である愛知県内の中学校に通われていたと思われます。

出身高校である愛知県立旭丘高校は県内屈指の進学校として有名で偏差値は72ということで愛知県内高校のトップ3に入っています。

河村たかし
出典:読売新聞オンライン

ソニー創業者である盛田昭夫さんや名古屋市長の河村たかしさんも旭丘高校出身として知られています。

赤根智子さんは高校2年生までは化学者を目指していたが、その後文系へ変更。

東京大学へ進学し3年生の時に法曹界へ進むことを決意。

最初は弁護士を目指していましたが、検察官の仕事内容に惹かれ現在に至るとのこと。

経歴・略歴

1976年愛知県立旭丘高等学校卒業
1980年 東京大学法学部卒業
1982年検事任官
2000年札幌地方検察庁公判部長
2002年国際連合アジア極東犯罪防止研修所次長
2005年名古屋高等検察庁検事
名古屋大学大学院法学研究科教授
中京大学大学院法務研究科教授
2009年法務省法務総合研究所国際協力部長
2010年函館地方検察庁検事正
2013年法務省法務総合研究所国際連合研修協力部長
国際連合アジア極東犯罪防止研修所所長
2014年法務省法務総合研究所所長
2016年最高検察庁検事
外務省国際司法協力担当大使
2017年国際刑事裁判所裁判官選挙 当選
2018年国際刑事裁判所判事就任
2022年国際刑事裁判所判事として
ウクライナ情勢に伴う戦争犯罪等の
捜査開始申立て事件を担当
2024年国際刑事裁判所所長

赤根智子さんはICC裁判官としてウクライナ侵攻に絡んでプーチン大統領らに逮捕状を出したということでも知られています。

プーチン大統領
出典:産経ニュース

それに伴い、赤根智子裁判官は2023年7月ロシア内務省から

として刑法違反容疑で指名手配をされています。

スポンサーリンク

赤根智子裁判官の夫や子供について

赤根智子
出典:X

非常に優秀で素晴らしい経歴をお持ちの赤根智子裁判官ですが、結婚はされているのか

子供はいらっしゃるのか気になるところですね。

では赤根智子さんの結婚歴や家族構成についてもお伝えをしていきたいと思います。

赤根智子裁判官の結婚歴:夫や子供について

赤根智子
出典:読売新聞オンライン

結論から言って赤根智子さんは結婚をして娘さんが1人いるとのこと。

しかし旦那さんとは既に離婚をしておりシングルマザーとのことです。

赤根智子さんは司法修習生になった年に結婚をし、翌年に長女を出産されたとのことなので元夫はもしかしたら同じ法曹界の方だったのかもしれませんね。

赤根智子記事
出典:https://thinkingback.net/

産後1ヶ月休んですぐに検事に任官したと話されているので娘さんの年齢は現在42歳(2024年現在)くらいではないかと思われます。

赤根智子さんは娘さんを出産し、すぐに検事に任官されているため子供は実家に預け仕事に励まれていたようです。

検事は2,3年おきに転勤があり仕事と育児の両立は難しく、娘さんの子育ては赤根智子さんのご両親がやられていたとのこと。

当時は育児休業休暇もない時代でご両親の協力なくして今の赤根智子さんのポジションは得られなかったと言えそうです。

赤根智子の家族構成

赤根智子裁判官の家族構成についてですがご兄妹がいるのかは分かりませんでした。

ということで

という4人家族ということで記載をさせて頂きます。

娘さんについては既に結婚をされ家を出られている可能性もあるのではないかと推察します。

スポンサーリンク

まとめ「赤根智子裁判官の学歴や経歴!夫は誰で子供は娘が1人?家族構成についても」

「赤根智子裁判官の学歴や経歴!夫は誰で子供は娘が1人?家族構成についても」という内容でお伝えをしました。

日本人初の国際刑事裁判所(ICC)所長に就任された赤根智子裁判官。

どういった手腕を発揮されていくのか、赤根智子さんの動向に注目をしていきたいと思います。