スポーツ選手

元巨人の寺内崇幸の現在は監督兼俳優!朝ドラ「エール」出演の経緯は?!

寺内俳優デビュー

2018年に惜しまれながら現役を引退された元巨人軍内野手の「寺内崇幸さん」がNHKの朝ドラ「エール」で俳優デビューされることがわかりました。

この発表を受けネット上では大変な話題となり、トレンド入りもされています。

今回は引退後も人気の高い寺内崇幸さんについて深堀りしてみたいと思います。

元巨人内野手の寺内崇幸の現在は監督兼俳優!

 

この投稿をInstagramで見る

 

寺内崇幸(@terauchi00)がシェアした投稿

寺内崇幸さんは2018年下半身の故障などから1軍出場がなく、戦力外通告を受け引退を発表。

引退後はBCリーグ栃木ゴールデンブレーブスの監督に就任されました。

就任1年目から手腕を発揮され球団初の東地区後期優勝、東地区優勝、リーグ優勝へとチームを導きました。

監督としても結果を出されている寺内崇幸さんですが、このたびなんとNHKの連続テレビ小説『エール』で俳優デビューをされるとのこと。

ファンからは

「嘘でしょ!すごすぎる」

「カッコいいから俳優としても充分いける」

と歓喜の声が上がっています。

スポンサーリンク

寺内崇幸が朝ドラ「エール」で俳優デビュー!経緯は?

寺内崇幸さんが演じるのは窪田正孝さん演じる主人公と一緒に夏の甲子園の大会歌を作る作詞家、多田良介。

主人公のモデルとなっている作曲家の古関裕而と一緒に夏の甲子園大会歌「栄冠は君に輝く」を作った作詞家・加賀大介がモデルとなっています。

放送は2020年10月30日、第100話に登場となります。

寺内崇幸さんが『エール』に出演することとなった経緯については

加賀は子供の頃に野球をプレーしていた際のケガがもとで右足を切断し野球を断念して作詞の道へ進んだ人物。

栃木県内の球場での撮影で、野球経験者を探していたところ、地元チームを率いる寺内さんに白羽の矢が立った。

引用元:スポーツ報知

寺内崇幸さんはビジュアルも良いですから、ぴったりだったのかもしれませんね。

俳優デビューに関して寺内崇幸さんご本人はこのようにコメントされています。

「まさかこういう話が来るとは1%も思わなかった」

今は、監督としてNPBを目指す選手を指導している。

「選手たちに『挑戦しろ』と言っているので。

自分もいろいろと挑戦しないと…。

出演はありがたいですけれど、どう映像で映っているか、楽しみもあるし怖さもある。怖さの方が大きいですね」と話している。

引用元:スポーツ報知

寺内崇幸のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

寺内崇幸(@terauchi00)がシェアした投稿

名前寺内崇幸(てらうち たかゆき)
生年月日1983年5月27日
年齢37歳 ※2020年10月現在
出身地栃木県栃木市
出身校栃木県立栃木工業高等学校
投球・打席右投げ・右打ち
ポジション二塁手・三塁手・遊撃手
選手歴JR東日本

読売ジャイアンツ

現在栃木ゴールデンブレーブス監督

寺内崇幸が朝ドラ「エール」出演!ネットの反応

スポンサーリンク

まとめ

「元巨人の寺内崇幸の現在は監督兼俳優!朝ドラ「エール」出演の経緯は?!」という内容でお伝えをしました。

寺内崇幸さんの『エール』出演日は10月30日です。

いったいどんな演技を見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

放送日が待ち遠しいです!