生活

赤ちゃん用 フェイスシールドの簡単な作り方!可愛いけど危なくないの?

新生児フェイスシールド

新型コロナ感染対策で医療現場ではマスクと同様に重要視されている「フェイスシールド」

以前、タイの病院でベビーを守るために超ミニサイズのフェイスシールドを使用というニュースが流れました。

そのベビー達の姿に「かわいい」と話題でしたが、日本でも赤ちゃんフェースシールドを導入した病院がありました。

今回は注目の新生児(ベビー用)フェイスガードについて。

ベビーシールドは手作り出来るのか?簡単なのか?可愛いけど危なくないのかなど調べてみたいと思います。

「赤ちゃん用 フェースシールド」とは

生まれたばかりの赤ちゃんはマスクをつけることが困難です。

生まれたばかりだからこそ定期検診や予防接種で出かけることが多くなってしまいます。

ママ・パパは今時期 外に連れ出すのが不安でいっぱいの状況です。

そんなベビーのためにお顔全体を覆い、新型コロナウイルス感染から守ります。

今回、赤ちゃん用フェイスガードを国内で製造・販売を開始したのは愛知県にある㈱NAITOという会社のようです。

そしてその新生児用フェイスシールドを5月から早速導入したのは埼玉県の医療法人社団「ワイズレディスクリニック」

同クリニックでは妊娠中・出産後の母親の不安を和らげたいとブログで情報を発信して下さっています。

医療法人社団「ワイズレディスクリニック」公式ブログ

スポンサーリンク

「赤ちゃん用フェイスシールド」簡単な作り方!

ベビーシールド画像引用:BLOG OF Y’s

ワイズレディスクリニックさんのブログで「ベビー用フェイスガード」の作り方を公開して下さっているので、そちらをご紹介したいと思います。

ベビーシールド1

 

①クリアケース 赤ちゃんの大きさに合わせてA5かB5
②マスキングテープ お好みのもの15mm程度のものがお勧め
③平ゴム
④ガーゼ(ミニタオル・手拭いでもOK)
必要なツールは
①ハサミ
②裁縫セット 糸🧵と針🧶
③穴あけパンチ
 
まず、クリアケースの周囲を全部カットします。
ベビーシールド2
そして赤ちゃんの大きさに合わせてさらにカットして、カットしたシートが当たった時に肌を傷つけないためにマスキングテープを全周に貼ります。
ベビーシールド3
クリアケースを二つ折りにして穴あけパンチで二箇所に間隔は1.5〜2cm位で穴を開けます。
上の穴は頭部のゴム止めになります。
下は赤ちゃんのオデコに布をあてるゴム止め用です。
ベビーシールド4
次にあてるガーゼの帯を作ります。
ガーゼをクリアケースの幅より2cm程短くカットして、筒状にして糸で数カ所縫い留めします。
ベビーシールド5
完成はこんな感じ。
ベビーシールド6
ゴムは別に白でなくでも構いません。
クリアケースを拡げて二箇所の穴に外側からゴムを通します。上の穴は赤ちゃんの頭の大きさにあわせて長さを合わせてカットします。
下はオデコに来る方です。
※外側からゴムを通して内側から縫うと糸が目立ちにくいです。
ベビーシールド7
ベビーシールド8
ベビーシールド9
縫い終わると完成(^^)
ベビーシールド10
外来のミッキーもしているので参考にしてください(^^)/

いかがでしょうか?

そんなに難しくはないように思います。

ぜひ、我が子に可愛い自作のベビー用フェイスガードを作ってみませんか^_^

スポンサーリンク


「赤ちゃん用フェイスシールド」可愛いけど危なくない?使用時の注意点

フェイスシールド画像引用:https://www.asahi.com/

フェイスシールドをつけた赤ちゃんは本当に可愛らしくて、いつまでも見ていられますね。

ただ、本当に安全なのか?危なくはないのか?気になると思います。

そこで赤ちゃんにフェイスシールドを使う際の注意点をあげてみたいと思います。

赤ちゃんは皮膚が非常に敏感です。

そのため、衛生的にも長時間の使用はさけたほうが良いです。

赤ちゃんが動いたりすると外れてお顔を塞いでしまう可能性があります。

病院ではセンサーなどできちんと管理をしながら使用をしています。

使用する場合は絶対に赤ちゃんから目を離さないようにして下さい。

ベビー用フェイスシールドを正しく安全に使って大事な赤ちゃんを守りましょう!

スポンサーリンク

「ベビー用 フェイスシールド」簡単な作り方のまとめ

ベビーシールド画像引用:https://www.huffingtonpost.jp/

今回は、新生児(ベビー用)フェイスシールドの作り方や使用時の注意点などをお伝えしました。

大切なのでもう一度言いますが、顔を覆ってしまいます。

使用時は必ず近くにいて絶対に片時も目を離さないようにして下さい。

正しく使って大事な赤ちゃんを守っていきましょう。

参考になれば幸いです。